食事で目の健康を保つ

女の人

単なる疲れ目とは異なる

眼球の中には水晶体というレンズとそれを支える毛様体筋という筋肉があります。物を見る時は、毛様体筋が水晶体を動かしてピントを調節しますが、長時間パソコン操作などにより目を酷使すると、毛様体筋も疲労してしまいます。その結果、目のかすみや痛み、充血、ドライアイなどの症状に加え、頭痛、首と肩の凝り、吐き気、嘔吐など、全身に障害が現れますが、これを眼精疲労といいます。眼精疲労は単なる疲れ目とは異なり、休憩や睡眠をとっても回復しにくいのが特徴です。目の健康には普段の栄養状態が大きく影響します。眼精疲労を予防するには、毎日の食事で目を生き生きとさせる食べ物を取り入れることが大切です。ブルーベリーに豊富なアントシアニンという色素は、視覚を良くする物質を再合成し、眼精疲労や老眼などに効果的です。蜜柑、苺、キウイ、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、イモ類、豆類、緑茶などにたっぷり含まれているビタミンCは、目の疲れやかすみ目、老化の予防などに効果があります。バター、牛乳、チーズ、卵、緑黄色野菜に豊富に含まれるビタミンAは、薄暗い所で視力を保つ働きがあり、不足すると夜盲症やドライアイを引き起こすことがあります。レバー、卵黄、酵母入りパン、胚芽、豚肉、牛肉、鶏肉などに豊富に含まれるビタミンB2は、網膜と視神経の活性化に効果があります。アーモンドなどのナッツ類、煎茶、小麦胚芽などに含まれるビタミンEは、粘膜を健康に保つカロチンの酸化を防ぎ、目の老化予防に役立ちます。

Copyright© 2017 サプリメントを飲んで老眼を解消【最適な飲み方とは】 All Rights Reserved.