現代病を解消

女性

目が疲れる、目がかすむ。そんな症状があったら、眼精疲労を疑ってもよいのかもしれません。ただの疲れ目だろう。よく寝たら次の日は治っている、そう思いたい気持ちもあるでしょう。ただ、よく寝ても次の日もその次の日も回復せずに、同じような目の症状が現れたら、眼精疲労を疑ってください。眼精疲労とは、パソコンを長時間見ていたり、読書を長くしたりなど、目を使う作業を続けることで、眼痛や眼のかすみ、まぶしさ、充血などの目の症状を感じる状態のことです。目の痛みから頭痛や肩こり、吐き気などの全身症状が出てくることもあります。眼精疲労はただの疲れ目とは違って、休息や睡眠をとっても十分に回復しなくなるのです。眼精疲労は、メガネの度があっていなかったり、長時間、目を酷使し続けたりすることでも起きます。老眼の始まりの年代にだけ多くなっている症状でも、最近ではなさそうです。その他、緑内障などの疾患をすでに持っている人も起きやすい、といわれています。ストレスなんかも、眼精疲労の原因となるそうです。まさに、原因はどこからくるのかわからないぐらい、多様に眼精疲労は起きるようです。

外界から人間が得る情報のうち、目から入ってくる情報は実にそのうちの80%にものぼる、といわれています。まさに、使える目がないと、人間はたちまち生活するうえでも困ってしまうのです。眼精疲労で、見たものがかすんだり、疲れるから長くは作業できなかったりすると、やはり生活にも支障が出てきてしまうでしょう。早め早めにサプリメントなどで対処しましょう。

目の病気とともに問題になっているのがアルツハイマーです。高齢化社会に突入し、アルツハイマーに悩まされる人も増加しているとされています。アルツハイマーの予防には、脳の働きを良くしたり、助ける成分が含まれているサプリが効果的です。一般的には、青魚に含まれるDHAやEPAがよいとされています。また、慢性的な運動不足だとアルツハイマーによくないという研究結果もあります。サプリを摂取するだけではなく、適度な運動も心掛けるとよいでしょう。いきなりハードな運動を始めるのではなく、無理のない範囲で行なうのが長く運動を続けるポイントです。

Copyright© 2017 サプリメントを飲んで老眼を解消【最適な飲み方とは】 All Rights Reserved.